> TOP > 文化賞 > にっけん児童図書出版文化賞

 第1回 相原 法則 氏 が受賞

   小野忠男理事長より賞状を贈られる
   相原法則氏。中央は松谷みよ子氏。
   左端は渋谷勲氏。

  左から、福田菊子、相原法則、小野忠男、
  松谷みよ子の各氏。

 にっけん文化事業団では、児童文学、絵本文化の発展を願って、この分野で顕著な功績のあった方を、選考委員会で、慎重審議し、第1回「にっけん児童図書出版文化賞」に、元偕成社の児童図書編集者として活躍してこられた相原法則氏を選考しました。

 「にっけん児童図書出版文化賞」の授賞式が、1994年6月27日、吉祥寺の東急インで行われました。
授賞式には、にっけん小野忠男理事長、福田菊子副理事長、選考委員で児童文学作家の渋谷勲氏の他、児童文学作家で受賞者の友人でもある松谷みよ子氏もかけつけ、なごやかで有意義なひとときを過ごしました。

 受賞者の相原法則氏には、賞状と、副賞として文化勲章受章者・北村西望作「微笑む少女」が贈られました。

 相原法則氏は、ポプラ社を経て、偕成社の編集長になられ、平和のための絵本『まちんと』(松谷みよ子 作/司修 絵)をはじめ、さまざまな文学作品をうみだし、長年にわたるご活躍のあいだに、「赤い鳥文学賞」「国際アンデルセン賞」「日本児童文学者協会賞」などの受賞作品を数多く手がけてこられました。

 また、歌人としても、「朝日歌壇賞」を受賞されています。著書に歌集『ひとりおいて』『無銘』などがあります。

 にっけん文化事業団では、これからも児童文学、絵本文化に貢献しておられる方々に表彰状を贈りたいと考えています。この他にも、幅広く文化活動をしていきたいと願っています。

> TOP > 文化賞 > にっけん児童図書出版文化賞

(C) にっけん教育出版社