> TOP > 文化賞 > にっけん児童図書出版文化賞

 第4回 小西 正保 氏 が受賞

 小野理事長から小西正保氏に賞状を贈呈。
 左より松谷みよ子、相原法則、小西正保、
 岩崎京子、保坂重政、宮川ひろ、
 小野忠男の各氏。
 前列左より宮川ひろ、岩崎京子、
 小西正保、松谷みよ子、福田菊子
 の各氏。後列左より相原法則、
 小野忠男、保坂重政の各氏。

 にっけん文化事業団では、児童文学、絵本文化の発展を願って、編集の分野で顕著な功績のあった方に、児童図書出版文化賞を贈呈しています。選考委員会での審議の結果、第4回にっけん児童図書出版文化賞は、小西正保氏に決定しました。

 「にっけん児童図書出版文化賞」の贈呈式は、2003年7月8日に、帝国ホテル(東京)で行なわれました。贈呈式には、来賓として第1回受賞者の相原法則氏、第3回受賞者の保坂重政氏、児童文学作家の松谷みよ子氏、岩崎京子氏、宮川ひろ氏、またにっけんの小野忠男理事長、福田菊子副理事長が出席し、なごやかで有意義なひとときを過ごしました。受賞者の小西正保氏には、正賞として賞状と文化勲章受賞者・北村西望作の「微笑む少女」が贈られました。

 小西正保氏は1930年東京に生まれる。早稲田大学を卒業。岩崎書店に入社。編集長、社長、会長を歴任。1970年「石井桃子論」によって日本児童文学者協会新人賞を受賞。1997年日本児童文芸家協会第36回児童文化功労賞を受賞。宮沢賢治童話全集(全7巻)、坪田譲治童話全集(全12巻)、斎藤隆介+滝平二郎「花さき山」「モチモチの木」、斎藤隆介+いわさきちひろ「ひさの星」、いわさきちひろ「戦火のなかの子どもたち」など数多くの話題作の編集を手がけてこられました。

> TOP > 文化賞 > にっけん児童図書出版文化賞

(C) にっけん教育出版社